ご利用の流れ

講師情報

Large

野球解説者/評論家

川相昌弘

Kawai Masahiro

送りバント通算533本の世界記録保持者。「バントの神様」の異名を持つ、つなぐ野球の第一人者。

候補に追加
相談する 印刷する

岡山南高校では投手として活躍し、1981年と1982年の2回、甲子園に出場。1982年のドラフト会議で巨人に4位指名を受け入団。犠打数のギネス記録保持者であり、バントの技術はプロ野球史上最高峰のレベルである。
巨人でのレギュラー時代は、2番打者として多くの犠打を記録し活躍した。打撃だけでなく、守備では遊撃手としてゴールデングラブ賞を6回受賞している。
2007年シーズンからは中日ドラゴンズ一軍内野守備・走塁コーチに就任し、2010年シーズンは二軍監督を務めた。
2011年からは巨人で二軍監督を務め、その後一軍ヘッドコーチ、三軍監督と、多くの選手育成に携わった。2018年シーズンをもって巨人を退団。
現在は野球解説者として野球の普及に携わる。

出演種類

講演/トークショー

依頼料金
別途御相談ください
カテゴリー

主な講演テーマ

バントの神様が語る~自分の役割~

巨人入団当初、自分のことを何も特徴が無い選手と思っていた。そんな自分がショートでゴールデングラブを6度受賞、犠打世界記録を樹立するに至るまでのプロ野球人生を語る。
自分の役割を徹底し、チームを何度も優勝に導いたバントの神様が”役割”の大切さを伝えます。

川相流~勝つチーム作り~

さまざまな名将のもとでプレーをし、自らが監督となり勝つチームつくりを実践してきた。常勝巨人の2軍3軍監督は様々な苦悩があり、それを持ち前の分析力、実行力で乗り越えてきた。
指導者・川相が伝える”勝つチーム作り”とは?

川相ノート~今明かされる努力の証~

川相には現役23年間の野球データを書き留めた2種類のノートが存在する。これは川相の宝物であり、何より彼がどれだけ毎試合、1打席に対する準備を大切にしていたかが綴られている。バントの神様の裏側には絶え間ない努力と技術に対する向上心があった。今語られる川相ノートの真実を語る。

その他 情報

【書籍】
スモールベースボールを紐解く( ベースボール・マガジン社)
勝つための言葉(ロングセラーズ)
明日への送りバント( ロングセラーズ)

関連講師

高木豊

元プロ野球選手/野球解説者

>

講演カテゴリー

野球 育児 教育・その他 夢・目標・挑戦

主な講演テーマ

成功と失敗/組織論

親として/子育て

夢を追い続けて

閉じる

節丸裕一

フリーアナウンサー

>

講演カテゴリー

野球 会話・コミュニケーション フリーアナウンサー・キャスター 司会

主な講演テーマ

「円滑なコミュニケーションとは」

「野球の取材現場から~あの選手、この監督の舞台ウラ~」

「就職活動で自分の魅力を伝える方法」

閉じる

佐々木主浩

野球解説者

>

講演カテゴリー

野球

閉じる

古木克明

元プロ野球選手

>

講演カテゴリー

野球

主な講演テーマ

人生設計

野球理論

アスリート全般

閉じる
ページの先頭へ

TBSキャスティングでは、講演会の講師紹介・講師派遣に関するご相談を承っています。