ご利用の流れ

講師情報

Large

元サッカー日本代表/公益財団法人日本サッカー協会顧問/京都文教大学 客員教授

釜本邦茂
Kamamoto Kunishige
候補に追加
相談する 印刷する

1944年4月15日生まれ。
早稲田大学2年で東京オリンピックに出場、卒業後、ヤンマーディーゼルに入社。
日本リーグ及び日本代表チームで数々の大記録を残した。中でも日本リーグ、通算202得点。そして1968年メキシコオリンピックでは、7得点をマークし同大会の得点王に輝き日本チームの銅メダル獲得に大きく貢献した。代表チームでの国際Aマッチ75得点は歴代一位である。また、国際Aマッチ得点率、0,98は王様、ペレをもしのぐ世界歴代一位である。
現役引退後、ヤンマーディーゼル、ガンバ大阪で監督を歴任した。
1995年、参議院議員に当選。
1998年から2008年7月まで(財)日本サッカー協会の副会長を務めた。その間、2005年には第1回サッカー殿堂に最年少で選出された。
2006年には、京都文教大学の客員教授に就任。
2014年5月には旭日中綬章受章。現役引退後から今日まで全国各地ですでに1200回を超えるサッカー教室を開催しのべ、500,000人を超える子供達を指導している。その中には、中田英寿、中村俊輔、川口、宮本、稲本、大黒など、数多くの子供たちが後に日本代表選手へと成長している。

出身地
京都府
依頼料金
別途ご相談ください

主な講演テーマ

熱いハートを燃やせ

サッカーに燃えた日々

チームにおけるチームワークとリーダーシップ

その他 情報

【書籍】
サッカー・ストライカーの技術と戦術(講談社)
ゴールの軌跡・釜本邦茂自伝(趣味と生活)
熱いハートを燃やせ・ゴールゲッターの「勝負」哲学(知識社)
釜本のサッカーを始める人のために・カラー図解(池田書店)
サッカーに燃えた日々(実業之日本社)
攻撃サッカー・技術と練習法(Sports lesson series)(成美堂出版)
ゴールの軌跡・釜本邦茂自伝(ベースボール・マガジン社)
戦うサッカー 釜本流ストライカーの作り方(実業之日本社)
釜本邦茂の「とってナンボ」のFW論(宝島社)
最前線は蛮族たれ(集英社)

ページの先頭へ

TBSキャスティングでは、講演会の講師紹介・講師派遣に関するご相談を承っています。