ご利用の流れ

講師情報

Large

花園大学客員教授

水谷修
Mizutani osamu

夜回り先生

候補に追加
相談する 印刷する

1956年、横浜に生まれる。少年期を山形にて過ごす。上智大学文学部哲学科卒業。横浜市にて、長く高校教員として勤務。
12年間を定時制高校で過ごす。
教員生活のほとんどの時期、生徒指導を担当し、中・高校生の非行・薬物汚染・心の問題に関わり、生徒の更生と、非行防止、薬物汚染の拡大の予防のための活動を精力的に行なっている。
また、若者たちから「夜回り」と呼ばれている深夜の繁華街のパトロールを通して、多くの若者たちとふれあい、彼らの非行防止と更生に取り組んでいる。
一方で、全国各地からのメールや電話による様々な子どもたちからの相談に答え、子どもたちの不登校や心の病、自殺などの問題に関わっている。
その現場での経験をもとに、専門誌や新聞、雑誌への執筆、テレビ、ラジオなどへの出演、日本各地での講演などを通して、子どもたちが今直面している様々な問題について訴えている。
現在、花園大学客員教授。2014年4月より、毎週火曜日、テレビ朝日「ワイドスクランブル」に、レギュラーコメンテーターとして、出演。

出身地
神奈川県
出演種類

講演/トークショー

依頼料金
別途ご相談ください

その他 情報

【書籍】
少数異見 夜回り先生の社会科ゼミナール/優しさと勇気の育てかた/約束/Beyond: 雨の向こうはいつも晴れ/夜回り先生 いじめを断つ/夜回り先生、いのちの授業/夜回り先生の卒業証書/さよならが、いえなくて---助けて、哀しみから(日本評論社)
どこまでも生きぬいて(PHP研究所)
夜回り先生、なんでドラッグを使ってはいけないんですか?(東山書房)
夜回り先生-子育てで一番大切なこと/夜回り先生の幸福論 明日は、もうそこに/魚道(さかなどう)―海の四季(海竜社)
いのち 宗教家6人との対話(講談社)
子どもたちへ、大人たちへ/夜回り先生と夜眠れない子どもたち/夜回り先生 (小学館文庫)
その他 多数著書あり

ページの先頭へ