ご利用の流れ

講師情報

Large

造園家/ランドスケープアーキテクト/東京都市大学特別教授

涌井雅之
Wakui Masayuki
候補に追加
相談する 印刷する

昭和20年11月22日鎌倉市生まれ
東京都市大学 環境学部 特別教授
岐阜県立森林文化アカデミー学長
愛知学院大学 特別教授
なごや環境大学 学長
中部大学・東京農業大学客員教授
国連生物多様性の10年委員会 委員会代理
公益社団法人 国際観光施設協会副会長
公益財団法人 日本講演緑地協会副会長
出身大学 東京農業大学農学部造園学科

出身地
神奈川県
出演種類

講演会/その他(パネルディスカッション)

依頼料金
別途ご相談ください

主な講演テーマ

環境改革の時代に日本を考える

今という時代を「農業革命」「産業革命」に次ぐ人類第三の革命「環境革命」の時代と捉え、地球環境問題、
とりわけ生態サービス(生物多様様)を重視した人と自然の共生を目指した接続的未来に向けた戦略的方向を探る。

景観から見た日本の心~景観十年・風景百年・風土千年~

造園家・ランドスケープアーキテクトとして「景観十年、風景百年、風土千年」と唱え、
人と自然の空間的共存をテーマに多くの作品や計画に携わっている。
「里山」「日本庭園」「街づくり」景観は地域遺伝子の産物である。

東日本大震災以降の日本のかたち~地域遺伝子を活かした街づくり~

未曾有の被害をもたらした東日本大震災。防災にばかりが注目されているが、
本当に必要な事は「減災・克災」であると考える。日本人は昔から厳しい自然と折り合いをつけながら生きてきた。
日本人のもつ自然と共存する力と智恵を改めてひもといていく。

関わりのある番組

日曜 あさ8:00から

その他 情報

【書籍】
いなしの智恵~日本社会は「自然と寄り添い」発展する(ベスト新書)
奇跡と希望の松~なぜ一本の松だけが生き残ったのか(創英社)
景観から見た日本のこころ(NHK出版)

ページの先頭へ