ご利用の流れ

講師情報

Large

東京未来大学 こども心理学部長 教授

出口保行
Deguchi Yasuyuki

1万人以上の犯罪者を心理分析:そこから見えてくるものは!!

候補に追加
相談する 印刷する

1985年東京学芸大学大学院教育学研究科発達心理学講座修了。
同年、法務省に心理職として入省。
以後、全国の刑務所、拘置所、少年鑑別所において、犯罪者の心理分析業務に従事。合計1万人以上の犯罪者を心理分析。
その他、法務省矯正局、法務省法務大臣官房秘書課等勤務を経て、法務省法務総合研究所研究部室長研究官を最後に退官。
同時に2007年4月東京未来大学教授に着任。2013年からは学部長も務める。
内閣府、法務省、警視庁、各都道府県庁、各都道府県警察本部等の主催する講演会における実績多数。
「攻める防犯」という独自の防犯理論を展開。
また、メディアでは、テレビのバラエティ番組のレギュラーを2本持つ傍ら、各局報道・情報番組において犯罪解説等を年間200本程度は行っている。

出身地
神奈川県
出演種類

講演会/トークショー

依頼料金
別途ご相談ください
カテゴリー

主な講演テーマ

1万人の犯罪者分析を通して見た「攻める防犯」という考え方

従来の防犯概念は、犯罪者の攻撃(犯罪)をいかにして防御するかといういわば「守る防犯」であったが、攻める防犯では、犯罪者に積極的に嫌がらせをして、犯罪行動を封じ込めてしまうというものであり、その実効性は各地の防犯活動で成果を上げている。

1万人の犯罪者分析を通して見た「青少年の正しい育て方」

非行や犯罪の背景には多くの場合、家庭におけるしつけや教育が影響している。どうすることによってこどもは「まっすぐ」育つのか。失敗事例を学ぶことによって、自らの子育てを考え直す機会とすることができる。

しぐさや姿勢が静かにものを言っている!!

1万人の犯罪者を面接する中で犯罪者の言動だけではなく、そのしぐさや姿勢がものをいうときがある。場合によっては、言葉より、しぐさの方がその心理を表現していることが多い。テレビ番組の中で、多くのタレントのしぐさや態度を分析した実績を踏まえて、相手の深層心理を分析する方法を伝授。

その他 情報

【テレビ】
(TBS)あさちゃん/ビビット/ひるおび/ゴゴスマ/Nスタ/NEWS23/好きか嫌いか言う時間
(NTV)ナカイの窓
(CX)全力脱力タイムズ
(民放全局)ニュース/報道番組/情報番組出演 多数


【書籍】
こどもが見える(学研)
お金があればしあわせなの?/恋ってなに?/命はどうしてたいせつなの?/夢はどうしてかなわないの?(汐文社) 他

ページの先頭へ