ご利用の流れ

講師情報

Large

ジャーナリスト

田原総一朗
Tahara Soichiro
候補に追加
相談する 印刷する

1934年滋賀県彦根市生まれ 早稲田大学文学部卒業
岩波映画製作所 テレビ東京を経て、‘77年フリーに。
現在は政治・経済・メディア・コンピューター等、時代の最先端の問題をとらえ、活字と放送の両メディアにわたり精力的な評論活動を続けている。
テレビ朝日系で87年より『朝まで生テレビ』(毎月最終金曜PM25:20~28:20)、89年より2010年3月まで『サンデープロジェクト』に出演。テレビジャーナリズムの新しい地平を拓いたとして、98年ギャラクシー35周年記念賞(城戸賞)を受賞した。2010年4月よりBS朝日にて
「激論!クロスファイア」(毎週日曜PM18:00~19:00)開始。02年4月より母校・早稲田大学で「大隈塾」を開講、未来のリーダーを育てるべく、学生たちの指導にあたる。05年4月より17年3月まで早稲田大学特命教授。

出身地
滋賀県
依頼料金
別途ご相談ください

主な講演テーマ

時代をよむ

その時本人が取材して持っている一番新しい政治・経済のお話を致します。

その他 情報

【テレビ】
(BS朝日)激論!クロスファイア
(EX)朝まで生テレビ


【ラジオ】
(QR)田原総一朗オフレコ!

【書籍】
Twitterの神々/塀の上を走れ 田原総一朗自伝/日本政治のウラのウラ 証言・政界50年(森喜朗 共著)
おじいちゃんが孫に語る戦争/トットちゃんとソウくんの戦争(黒柳徹子 共著)(講談社)
トランプ新大統領誕生で世界はこうなる(長谷川慶太郎 共著)(SBクリエイティブ)
日本人なら知っておきたい天皇論(小林よしのり 共著)(SBクリエイティブ)
日本人のための新「幸福論」―「失敗しない人」は通用しない!―(佐藤優 宮崎学 共著)(三笠書房)
人を惹きつける新しいリーダーの条件(PHP研究所)
仕事が憂鬱になったら読む本 哲学の出番だ!(西研 共著)(幻冬舎)
文藝別冊 総特集 田原総一朗 元祖テレビディレクター、炎上の歴史(河出書房)
起業のリアル(プレジデント社)
もう国家はいらない(堀江貴文 共著)(ポプラ社)
愛国論(百田尚樹 共著)(KKベストセラーズ)
日本人と天皇(中央公論新社)
戦争・天皇・国家(猪瀬直樹 共著)(角川新書)
人の心を掴む極意(海竜社)
日本を揺るがせた怪物たち(KADOKAWA)
暴走司会者 論客たちとの深夜の激闘譜(中央公論新社)

ページの先頭へ