ご利用の流れ

講師情報

Large

㈱ワーク・ライフバランス 代表取締役社長/金沢工業大学 客員教授

小室淑恵
Komuro Yoshie
候補に追加
相談する 印刷する

2004年 日経ウーマン・オブ・ザ・イヤーキャリアクリエイト部門受賞
2006年 ㈱ワーク・ライフバランスを設立
2012年 TEDxTokyoスピーカーの選出される
2014年 ベストマザー賞(経済部門)受賞

ワーク・ライフバランスコンサルティングを900社以上に提供している。クライアント企業では、労働時間の削減や有給取得率の向上だけでなく、業績が向上し、社員満足度の向上や、自己研鑽の増加、企業内出生率の向上といった成果が出ており、長時間労働体質の企業を生産性の高い組織に改革する手腕に定評がある。
安倍内閣 産業競争力会議民間議員、経済産業省 産業構造審議会委員、文部科学省 中央教育審議会委員、厚生労働省 社会保障審議会年金部会委員、内閣府子ども・子育て会議委員、内閣府仕事と生活の調和専門調査会委員などを歴任。

金沢工業大学客員教授
アクセンチュア株式会社インクルージョン&ダイバーシティ・アドバイザリー・ボード
朝日生命保険相互会社評議員
株式会社かんぽ生命保険社外取締役

「朝メール.com」「介護と仕事の両立ナビ」「ワーク・ライフバランス組織診断」「育児と仕事の調和プログラムarmo(アルモ)」等のWEBサービスを開発し、1000社以上に導入している。「ワーク・ライフバランスコンサルタント養成講座」を主催し、卒業生は1100名。そのうち約500名が加盟・認定コンサルタントとして全国の都道府県で活躍中。多種多様な価値観が受け入れられる社会を目指して邁進中。
ヘルパー2級の資格を持ち、介護のボランティアも定期的に行っている。二児の母でもあり、充実したワーク&ライフを過ごす活動的な女性として支持を得ている。

出演種類

講演会

依頼料金
別途ご相談ください

主な講演テーマ

経営戦略としてのワークライフバランス

日本企業のおかれている厳しい環境の中で生き残っていくためのマネジメント手法として、ワークライフバランス導入は待ったなしの状態であることを、シビアにお伝えします。役員クラスの意識改革を狙い、全役員が出席する会合や、部門長クラスの管理職研修などの場での講演のご依頼を多く頂いております。

課長・部長クラスを対象に行う際には「自分自身が親の介護で短時間勤務になったら?」というディスカッションを行うことで、ワークライフバランスは一部の育児女性のためのものではなく、明日は我が身と腹落ちすることを狙いとします。
「長時間勤務こそが成功に欠かせない」と過去の成功体験から抜け出せない層に、「これからの社会はそうではない」と正しくご理解頂きます。

結果を出して定時で帰るチーム術~秘訣はワークライフバランス~

今後、時間制約をもつ社員が大半になるという日本社会の構造を解説した上で、仕事の見える化・共有化をすすめてチームで生産性をあげる手法を紹介する内容です。
長時間労働が恒常化している企業からのご依頼が多く、リーダーとメンバーがセットで出席するなどの仕掛けを入れて効果を上げてゆくことがお勧めです。

大介護時代の働き方~ワークライフバランス~

これから5年で団塊世代が一斉に要介護世代となり、日本は介護難民だらけの国になり、団塊ジュニア世代がそれを支えざるを得ない社会構造がやってきます。
介護は情報戦であり、いち早く情報を知り、対策することで両立することが出来るということをお伝えし、明日からすぐにできる介護への備えと、両立できる働き方に変えるコツを伝える内容です。
全社員に40歳になった時点で全員受講させるといった必修の形を取る企業が多く、近年非常にお問い合わせの多いプログラムです。

その他 情報

【テレビ】
(TOKYO MX)モーニングCROSS

【書籍】
働き方改革生産性とモチベーションが上がる事例20社(毎日新聞出版)
6時に帰るチーム術(日本能率協会マネジメントセンター)ほか約30冊

ページの先頭へ