ご利用の流れ

講師情報

Large

映画監督/タレント/リポーター/俳優

山本晋也
Yamamoto Shinya
候補に追加
相談する 印刷する

1939年6月16日生まれ 
サングラスにちょび髭がトレードマークの映画監督。
1963年日本大学芸術学部演劇学科を卒業。
1964年岩波映画製作所にて羽仁進氏に師事して助監督になる。
1965年「狂い咲き」で監督デビュー以後数多くの作品を手掛け、
250本を超える作品の中でも「未亡人下宿」シリーズは人気を博し、一躍脚光を浴びる。
1964年開催の東京オリンピックの映画(市川昆監督)のスタッフ
として制作に関わったことから、
2020年開催予定の東京オリンピックについても講演を行っている。
エイズ問題にも関心を持ち、ボランティア活動なども行っている。
2014年には昭和大学医療チームとともにマダガスカルへ渡り、
現地の様子を取材。
現在はテレビやラジオ、雑誌コラムなどで活躍中。

出身地
東京都
出演種類

講演会/トークショー

依頼料金
別途ご相談ください

主な講演テーマ

昭和映画に見る〝昭和″の人間関係と今

昭和時代の映画から読み取れる人間模様から現代日本に欠けている人と人のつながりがどうあるべきを語るテーマ。

昭和映画カウンセリング

若い世代を中心とした参加者から悩み事を聞いて、そんなときに見るべき昭和の映画を紹介する。
人気作品だけではなく、大正・昭和時代の良き映画と若い世代のクロスを図るテーマ。

1964年〝東京オリンピック″を振り返る

市川昆監督の「東京オリンピック」にカメラアシストとして参加した経験から、
内部の人間しか知らない当時の選手の素顔や会場の入館パスなどをまじえてお話します。
そして、日本中が熱狂した1964年の「東京オリンピック」を知る人間だからこその
2020年の「東京オリンピック・パラリンピック」がどうあるべきかを語るテーマ。

その他 情報

【書籍】
ポルノ監督奮戦記(大陸書房)
山本晋也の青春ルール・ブック(講談社文庫)
山本晋也のマジメな社会学 ~歌舞伎町から世の中が見えてくる(全国朝日放送)
寅さん、あなたが愛される理由
「山田洋次映画監督50周年」記念企画“全48作”語りつくし
~きりがありませんけど~(講談社 共著:渡辺俊雄)
カントク記 焼とりと映画と寿司屋の二階の青春(双葉社) ほか

ページの先頭へ