ご利用の流れ

講師情報

Large

作家
神戸松蔭女子学院大学人間科学部教授

楠木新

Kusunoki Arata
候補に追加
相談する 印刷する

1954年神戸市生まれ
1979年、京都大学法学部卒業後、生命保険会社に入社。
人事・労務関係をはじめ総合企画、支社長などを経験。
会社勤務と並行して「働く意味」「個人と組織」をテーマに取材を続け、執筆、講演などに取り組む。
朝日新聞be(土曜版)キャリア欄で「こころの定年」を1年余り連載。
2015年3月に定年退職。
MBA(大阪府立大学大学院)。
現在、神戸松蔭女子学院大学人間科学部教授(2018年4月~)。

出身地
兵庫県
出演種類

講演

依頼料金
別途ご相談ください
カテゴリー

主な講演テーマ

定年後を見据えた働き方改革

定年後の自分を育てる行動7か条

シニア社員の活性化

その他 情報

【その他の講演テーマ】
・「会社に使われる人、会社を使う人」
・「新書『定年後』、ヒットの秘密」
・「管理職、人事担当者向けメンタルヘルス研修」
・「ビジネスマンうつからの脱出」
・「ライフワークの見つけ方、目指せ!生涯現役」
・「サラリーマン、一冊本を書こうよ!」
・「就活は、最後の子育て」
・「経理部は見ている。」   など
そのほかご相談ください

【テレビ】
(BS-TBS)週刊BS-TBS報道部
(NHK)日曜討論/かんさい熱視線/助けて!きわめびと
(NHKEテレ)めざせ!会社の星
(BS日テレ)深層NEWS
(BSテレ東)日経プラス10
【ラジオ】
(NHK第一)ラジオ深夜便/Nらじ/かんさい土曜ほっとタイム
(ABCラジオ)おはようパーソナリティ道上洋三です

【書籍】
会社に使われる人 会社を使う人(角川新書・2月9日出版予定)
定年準備-人生後半戦の助走と実践(中央公論新社)
良い定年後と悪い定年後(文春e-Books Kindle版)
定年後ー50歳からの生き方、終わり方 (中央公論新社)
経理部は見ている。(日本経済新聞出版社)
左遷論ー組織の論理、個人の心理(中央公論新社)
「こころの定年」を乗り越えろ 40歳からの「複業」のススメ (朝日新聞出版社)
知らないと危ない、会社の裏のルール(日本経済新聞出版社)
働かないオジサンになる人、ならない人(東洋経済新報社)
働かないオジサンの給料はなぜ高いのか- 人事評価の真実(新潮社)
会社の「仕組み」を知っている人だけが、上手くいく(大和書房)
サラリーマンは、二度会社を辞める。(日本経済新聞出版社)
人事部は見ている。(日本経済新聞出版社)
就活の勘違い 採用責任者の本音を明かす(朝日新聞出版社)
会社が嫌いになっても大丈夫(日経ビジネス人文庫)
会社が嫌いになったら読む本(日本経済新聞出版社)
就職に勝つ! わが子を失敗させない「会社選び」(ダイヤモンド社)
ビジネスマン「うつ」からの脱出(創元社)   ほか。

関連講師

木村悠

元WBC世界ライトフラ...

”ピンチこそ自分を変えるチャンス” 業界初!フルタイムで働く商社マンとボクシング、二刀流で世界を制したボクサー!!

>

講演カテゴリー

その他スポーツ ビジネス問題 ビジネス教育 心・からだ・健康 夢・目標・挑戦 チームワーク 人材・人材育成

主な講演テーマ

働き方の"意識”改革!無駄な残業をしないで目標達成

二刀流で逆境を力に変えるセルフマネジメント

チームで勝つための考え方

閉じる

巣籠悠輔

株式会社MICIN 取...

>

講演カテゴリー

IT・ICT AI(人工知能)・ディープラーニング ビジネス教育

主な講演テーマ

人工知能(AI)・ディープラーニング~機械学習・深層学習~について

閉じる

若新雄純

慶應義塾大学特任准教授...

>

講演カテゴリー

教育・その他 経営論・組織論 人材・人材育成 ビジネス教育 地域活性・地方創生

主な講演テーマ

就職について

地方創生について

閉じる

羽林由鶴

103kgの恋愛カウン...

>

講演カテゴリー

会話・コミュニケーション 心・からだ・健康 教育・その他 ビジネス教育 女性

主な講演テーマ

本音を引き出し信頼関係を作る  カウンセリングテクニックから学ぶコミュニケーション術

今よりもっと自分を好きになる〜あかるい未来を想像できる自分になる方法

その場で身につく!人と人とが仲良くなる仕組み

閉じる
ページの先頭へ

TBSキャスティングでは、講演会の講師紹介・講師派遣に関するご相談を承っています。