ご利用の流れ

講師情報

Large

競泳オリンピアン

伊藤華英
Ito Hanae
候補に追加
相談する 印刷する

ベビースイミングから水泳を始め、15歳で日本選手権に出場。2008年、日本選手権女子100m背泳ぎで日本記録を樹立。北京、ロンドンの2大会を経て2012年に引退。引退後はピラティスの指導資格と共に順天堂大学大学院にて精神保健学の博士号を取得。理論とアスリートとしての両面から働く人の心と身体の健康を守るメンタルタフネスやモチベーションマネジメントのテーマで講演し好評を博している。

出身地
埼玉県
出演種類

講演会/トークショー

依頼料金
別途ご相談ください

主な講演テーマ

ストレスを味方につける!モチベーションマネジメント

ビジネスでもそれ以外でも常に自分のよい状態を保つことは一流アスリートでも難しい。モチベーションを上手く
マネジメントし強いストレスがかかる状況でも一番よい状態を作る事が出来れば仕事のパフォーマンスも上がり、
コミュニケーションもグッと良くなります。このテーマでは心と身体の両面からアプローチし自分と周囲によい影響を
与える自分マネジメントの方法についてお話します。

トップチームのチームワーク ~個人の役割と組織力~

水泳は個人競技と思われがちですが、オリンピックでの挑戦は準備、環境など試合以外でもチームとしての一体感が
求められます。年齢、経験年数から2回のオリンピックへの関わり合いは異なっていました。後輩を引っ張っていく
リーダーとしてそしてチームの調整役としてその時々の自分の役割を全うしてきました。個人だけでなくチームとして
最高の成績を残せるよう実践しチームJAPANとして得られた事をお伝えします。

目標達成出来るメンタルコントロール

オリンピック代表に選ばれるも怪我にあい、得意の背泳ぎで思うように結果を残すことが出来ませんでした。
しかしオリンピックへの夢はこれまでの専門とは異なる自由形に転向する事で掴むことが出来ました。準備を徹底し
成功するイメージを描き行動する方法はビジネスシーンでも役立つ内容です。

その他 情報

【テレビ】
(NHK)サンデースポーツ
(EX)Get Sports

【ラジオ】
(NHKラジオ第1)先読み!夕方ニュース


【水泳歴】
2006年 日本選手権 200m背泳ぎ 優勝(日本新)
2008年 日本選手権 100m背泳ぎ 優勝(日本新)
2009年 世界選手権 400mフリーリレー予選(日本新)

【代表歴】
2001年 世界選手権 100m背泳ぎ 7位
2003年 世界選手権 200m背泳ぎ 5位
2005年 世界選手権 100m背泳ぎ 6位、200m背泳ぎ 4 位
2007年 世界選手権 100m背泳ぎ 5位、200m背泳ぎ 5 位
2008年 北京オリンピック 100m背泳ぎ8位、200m背泳ぎ 12位
2011年 世界選手権 400mフリーリレー 7位
2012年 ロンドンオリンピック 400mフリーリレー 7位、800mフリーリレー 8位

ページの先頭へ

TBSキャスティングでは、講演会の講師紹介・講師派遣に関するご相談を承っています。