ご利用の流れ

講師情報

Large

映画監督・映像作家

ヤンヨンヒ

Yang Yonghi

映画監督として切り込んだ目線で、朝鮮半島関連のシリアスな話から、映画の紹介などのポップな話まで話すことも聞くことも対応します!

候補に追加
相談する 印刷する

大阪市生まれ。朝鮮大学校卒。米ニュースクール大大学院修士課程修了。
自身の家族についてのドキュメンタリー「ディア・ピョンヤン」「愛しきソナ」を発表し、その後、自身の家族をモデルにした劇映画「かぞくのくに」の脚本では読売文学賞を受賞。同作は2012年公開の映画を対象とした第86回キネマ旬報ベストテンで日本映画の1位に選ばれた。

出身地
大阪府
出演種類

講演/トークショー

依頼料金
別途ご相談ください
カテゴリー

主な講演テーマ

朝鮮半島問題と在日の歴史

歴史家のE・H・カーによる「歴史とは過去と現在の対話」との名言がありますが、グローバルな社会になっている近年、日本の歴史には“在日”の歴史があるにもかかわらず、ヘイトスピーチなどのニュースの中の断片でしかあまり知られていません。歴史を紐解きながら、在日の歴史を映画などを紹介し、未来に向けた視野を一緒に学びます

映画でオシャレにひまつぶし

時間があるとき、あなたはどうその時間を埋めますか?
映画は自分が体験したことのないものを体験することができる至高の時間。
恋愛でキュンとしたい時、かぞくを思って涙流したい時、ワクワクしたい時、など、テーマ別に沿って映画を紹介いたします。

家族との向き合い方

ヤンがまだ幼いころ、帰国事業で3人の兄が北朝鮮に。大人になり朝鮮総連幹部だった父に、カメラを向けて問い続けた初めての作品。かぞくと向き合ったからこそ生まれた作品であり、今では介護中の母にカメラを向けて新作ドキュメンタリーを製作中。
希薄な家族関係が多くなってる中、どうかぞくに向き合うべきか?

その他 情報

【映画】
ディア・ピョンヤン(2005年) - 監督・脚本・撮影
愛しきソナ(2011年) - 監督・脚本・撮影
かぞくのくに(2012年)- 監督・脚本

【書籍】
『ディア・ピョンヤン―家族は離れたらアカンのや』 (アートン)
『北朝鮮で兄(オッパ)は死んだ』 聴き手 佐高信(七つ森書館)
『兄―かぞくのくに』 (小学館)
『朝鮮大学校物語』(KADOKAWA)

ページの先頭へ

TBSキャスティングでは、講演会の講師紹介・講師派遣に関するご相談を承っています。