相談無料 講演出演料30万〜 ご利用の流れ

講師情報

Large

ミュージシャン

モトブル

motoburu

〜命を唄うフォークデュオ「モトブル」〜

候補に追加
相談する 印刷する

2003年飛騨高山で「モトブル」を結成。
高校時に高山で自主制作CD「びいだま」を発売(2004年3月)、1500枚を売り上げ、活動期間中の5年間(2003年~ 2008年)で
全3作品合計約4200枚を売り上げた。
その後、別々の進路となり、松本は教師生活が始まり音楽活動を休止、那由多は単独で活動を続けた。松本は教師を続ける中、松本の先天性の病気であった肺が悪化し、2018年6月肺移植を受ける事に。約1年間の闘病生活を経て奇跡的に命を繋ぐ。
その後、それらの経験をベースに音楽活動を再会することとなり2020年に復活、9月には復活ミニアルバム「あの頃のままで」を発売。現在、東京と地元である高山を拠点に活動し、Youtube等を発信源にして作品を発表、東京調布市の仙川をベースに精力的に活動中。 最近では調布FMへの出演や港区赤坂の『茜まつり』への楽曲提供、TBS系SDGsプロジェクト「地球を笑顔にする広場@サカス広場」にステージ出演も行っている。


メンバー:
写真右:松本憲亮(まつもとけんりょう) 
ギター&ボーカル担当 1985年生まれ、高山西高校ウィンドアンサンブル部出身、先天性の心臓と肺の病気を患い、幼い頃から「あと3年の命」と言われながらも、医学の進歩とともに、33歳まで生き長らえ、小学生の頃から自分の死と向き合いながら生きてきた。
2018年両肺移植・ 心臓同時手術により、病気が完治する。中学生から始めた吹奏楽部との出会いにより音楽 を始め、10年間東京で教師をやりながら吹奏楽部の顧問も務めた経歴もあり、そこで指揮者として2度の全国大会出場(管楽合奏コンテスト)。
移植後教師を辞め、モトブル の活動をスタートさせる。 


写真左:那由多(なゆた)ピアノ&ボーカル 
1986年生まれ、高山西高校ウィンドアンサンブル部出身、小学生のとき合唱団に入り、歌の世界に魅力を感じはじめる。
中学生から合唱の経験もあったが楽器を挑戦したくなり、吹奏楽部に入る、中学時はユーフォニアムを担当、その後高山西高校に入部し、松本と出会う。16歳の時に松本にモトブルに誘われ、ピアノをその時より独学で覚え始め、 休止中も単独でシンガーとして弾き語りで活動を続け、2020年再結成をする。

出身地
岐阜県
出演種類

演奏/トークショー

依頼料金
別途ご相談ください

その他 情報

【CD・配信】
2020年9月 リリース ミニアルバム「あの頃のままで」
2022年11月 リリース シングル「君との日々を」

【その他情報】
2022年6月 「茜まつり・茜市」楽曲提供
2022年9月 「赤坂秋まつり」ステージ出演
2022年11月 TBS系SDGsプロジェクト「地球を笑顔にする広場」@サカス広場 ステージ出演

関連講師

竜馬四重奏

音楽家

楽器ひとつで世界を飛び回る現代の侍

>

講演カテゴリー

音楽

閉じる

村上ゆき

シンガー・ソングライタ...

歌うかのようにピアノを奏で、透き通った歌声や言葉の発音の美しさから、“ヘブンズ・ボイス”とて称される。

>

講演カテゴリー

音楽 夢・目標・挑戦

主な講演テーマ

夢を叶える。

閉じる

白倉正子

トイレ研究家(もしくは...

 トイレに人生を捧げた主婦の話

>

講演カテゴリー

暮らし・住まい 人生 トイレ SDGs6、安全な水とトイレを世界中に

主な講演テーマ

 あなたの知らない『トイレ』の世界 ~ トイレ掃除のコツから世界のトイレまで ~ 

トイレから考える、生活 ・ 地域 ・ 街づくり・おもてなし・ そして あなたの人生 ~

トイレに人生を捧げた女性の話 ~トイレ専門家になると決めてから子育てまで~

閉じる

神田陽子

講談師

>

講演カテゴリー

カルチャー・伝統文化 女性 心・からだ・健康 老後

主な講演テーマ

「超高齢社会をイキイキ生きるために」「伝統話芸講談の魅力と手ほどき」「人生が楽しくなる!言葉の効能」

「情けは人の為ならずー講談にみる人生の処世訓」「江戸の人情と心意気」ほか

閉じる
ページの先頭へ

TBSキャスティングでは、講演会の講師紹介・講師派遣に関するご相談を承っています。