ご利用の流れ

講師情報

Large

サイエンス作家

竹内薫

Takeuchi Kaoru

猫好きサイエンス作家。YES International School校長。

候補に追加
相談する 印刷する

1960年7月2日東京生まれ。
東京大学教養学部教養学科(専攻、科学史・科学哲学)・東京大学理学部物理学科卒業。マギル大学大学院博士課程修了(専攻、高エネルギー物理学理論)。理学博士(Ph.D.)。大学院を修了後、サイエンス作家として活動。物理学の解説書や科学評論を中心に100冊あまりの著作物を発刊。
2006年には「99.9%は仮説~思い込みで判断しないための考え方」(光文社新書)を出版し、40万部を越えるベストセラーとなる。物理、数学、脳、宇宙・・・など幅広い科学ジャンルで発信を続け、執筆だけでなく、テレビ、ラジオ、講演など精力的に活動している。
また大の猫好きでもあり、著作物の中に猫(シュレディンガーの猫)も度々登場する。
2016年春からは小学校レベルの民間学校「YESインターナショナル」代表も務める。

出身地
神奈川県
出演種類

講演会/トークショー

依頼料金
別途ご相談ください

主な講演テーマ

「AIと共存する未来~必要な思考のレッスンとは~」

人工知能の活用が拡がっている昨今、AI技術の進化と活用は、社会やビジネス、私たちの働き方をどのように変えていくのでしょうか?
米国では会計士の仕事は人工知能に取って代わり、翻訳家や通訳業も同様に奪われ始めており、これまでの前例主義に頼った作業方法は、人工知能社会の到来で崩壊するのではないかと危ぶまれています。
近い将来AIが人間の知能を追い越すと言われている今、『AIと共存する』という視点を持ち、これから私たちに何が出来るのかを考えておく必要があります。
何を強みにすれば、AIとの共存が可能になるのか?
何を習慣づければ、こうした環境変化の下でも力が発揮できるようになるのか?
本講演会では、いくつかの『思考のレッスン』を交えながら、私たちが陥りがちな思考の罠に気づきを与え、「人工知能が導く未来」とどう向き合っていけばよいのかを最新の情報と共にお伝えしていきます。

「99.9%は仮説~思い込みで判断しないための発想法~」

「最近どうも頭が固くなってきたなあ」、そんなあなたにつける薬は科学です。
科学のホントの基本を知るだけで、あなたの頭は柔らかくなるかもしれないのです。科学の基本―それは世の中全部仮説にすぎない―ということです。
思い込み、常識、前例、先入観、固定観念・・など、仕事や人生で縛られることは数多くあります。そんな仮説を、ものの見方や考え方を変えることで、ビジネスや人生に役立てることができるのです。あなたの頭をぐにゃぐにゃ頭にしてみませんか?

「理系バカと文系バカ」

自分の好きな世界に没頭しすぎて、極端な行動に走りやすい「理系バカ」。一方で、他人の情報を鵜呑みにしてその場の空気に流されやすい「文系バカ」。
彼らの行動パターンから見えてくる思考の偏りとは?「文理融合センス」の磨き方を伝授します。

その他 情報

【その他講演テーマ】
・科学の最前線をどう伝えるか~宇宙から人口知能まで、科学の真髄を伝える~
・今注目のサイエンス・ニュース
・環境問題を科学的に考える

【テレビ】
(TBS)ひるおび!/あさチャン
(NHK Eテレ)サイエンスZERO

【書籍】
 99.9%は仮説~思い込みで判断しないための考え方(光文社新書)

【連載】
 サイエンス宅配便(週刊新潮)/日経新聞(今週の3冊)

ページの先頭へ

TBSキャスティングでは、講演会の講師紹介・講師派遣に関するご相談を承っています。